ホーム > 屋根塗装の縁切り作業とは

屋根塗装の縁切り作業とは

長年暮らしてきた住宅は、経年による劣化が外構部分の様々な箇所に発生するようになります。
こうした劣化は、気づきにくいことも多く、知らずに放置しておくことで、更に劣化が進行してしまい、家自体の寿命を縮めてしまう事にもつながります。

そうした中でも、特に劣化が起こりやすく、また劣化することで大きな影響を受けるのが屋根部分です。
傷んでしまった屋根を回復させるには、全面的な屋根塗装を行い、家の保護機能をアップさせることが有効です。

屋根塗装を行う際、縁切り作業と呼ばれる工程があります。
これは屋根と外壁部分の塗装で埋まってしまった隙間を専用の道具を用いて隙間を開け直す作業で、これを行わないと内部に溜まった雨水を逃がす場所が無くなってしまいます。
雨水が溜まってしまうと腐食の原因になりますので、腐食を防ぐために必須の作業となります。

質の悪い業者にお願いすると、こうした縁切り作業をしっかりと行わない事があるので、かえって家を傷めてしまう事にもなりかねません。

クオリティの高い屋根塗装を行うのであれば、信頼や実績のある業者を利用する事がおすすめです。