ホーム > タイルの外壁はリフォームが必要?

タイルの外壁はリフォームが必要?

外壁をリフォームすべきか考えている方いらっしゃると思います。

一見全く異常が見られない壁も、よく見てみると色あせていたり、防水性を失って雨漏りの原因になっている場合もあり、定期的な点検が必要です。

防水性を失って来たり、目地のコーキングが朽ちてくる目安は10年くらいで、日当たりのいい面や、雨風が良く当たる面などは傷んでくるのが早くなります。

最近の新築住宅に多い壁材としてサイディングがあります。

サイディングは施工しやすく、様々なデザインの物があり人気ですが、やはり10年くらいでコーキングをやり替えたり、外壁塗装するのが望ましいです。

他の壁材にもいろいろな種類があり、漆喰を塗る漆喰壁や少し前の家に多く使われていたモルタル壁、タイルを張ってある壁など様々あります。

タイルを張ってある壁は色あせる事がないから安心だと思っている方、タイルに耐久性があってもコーキングが劣化する場合があります。

コーキングとは、タイルのつなぎ目の接着剤の事で、やはり年数が経つにつれ接着面が弱くなってくる事があり酷い場合にはタイルが外れる事もあり危険です。

家を購入してある程度年月が経ったら外壁を点検することをおすすめします。