ホーム > 外壁塗り替えの工期はどのくらい?

外壁塗り替えの工期はどのくらい?

住宅は外壁が野ざらしの状態になってしまうため、時間が経てば何かしらの劣化が見られることが多くなります。このような経年劣化がみられる場合は外壁の塗り替えを行うことが求められています。
何もせずに放置してしまった場合はクラックなどから雨漏りが発生してしまうことが多いので、住宅を守る意味でも非常に重要な部分とされています。

 


外壁塗り替えの工期に関しては、一連の手順というものがあり、初めの3日で足場、洗浄、養生などの作業を行うことが一般的です。

 

下地を整えることを目的にしており、塗料の定着率を高めるためには非常に重要な作業となっています。
下地調整が終わった段階で、3日間で外壁の塗装、次の3日間で屋根の塗装を行うことが一般的な手順です。

 

屋根に関しては外壁と同時に施工することが基本です。同時に施行すると足場を共用できるので、別々に施工するよりもコスト的に大きなメリットがあります。

 

外壁の塗り替えに関しては計10日ほどの期間で済ませられることが多く、少しの期間を待つことで住宅を新しい状態に施すことができます。

みなさんも外壁の経年劣化がみられる場合には、塗り替えを検討しましょう。