ホーム > 金属系サイディングの特徴

金属系サイディングの特徴

現在での住宅事情としては、外壁に対してサイディングを用いて施工することが広く行われていて人気のある素材として知られています。


サイディングにもいくつもの種類があり、その中には金属系サイディングを利用することもできます。
金属系の場合では、表面材はガルバリウム鋼板やアルミニウム合金版、ステンレス鋼板などがあることが特徴とされていて、錆に強い素材が使われていることが特徴になり、防火性などが非常に高いこともメリットとして挙げることができます。

 

一般的なタイプの場合では、軽量で建物に負担がかからないので、既存の外壁に重ねて張ることもでき、リフォームに向いている一面があり、実際に重ね張りの工法によってモルタルの上から施工される方も多く存在しています。

 

メリットや特徴の中には、金属系であれば断熱性や防水性、防音性が高く、ひび割れや凍害などにも強いのが特徴でもあり、高機能でリフォームしやすい素材になることから、多くの方々に利用されているサイディングとして推奨できます。
金属系の場合では塗り替え塗装も比較的簡単にできることもメリットになります。