ホーム > 窯業系サイディングの特徴

窯業系サイディングの特徴

窯業系サイディングとは、セメントなどを原料とし、繊維質原料を加え、成型したものを指し、現代ではサイディングのおよそ70%に窯業系サイディングが使われているといわれています。

窯業系サイディングの特徴としては、硬質で密度が高いため、耐震性や防耐火性、遮音性などにもすぐれていることが挙げられます。

一方で窯業系サイディングは、太陽光線や雨風などの自然によって劣化しやすい側面があり、そのグレードによっては短期間での塗り替えが必要となったり、つなぎ目に埋め込まれているコーキング材の取り換えが必要です。

しかし、費用対効果とデザイン性は非常によく、そのデザインはタイル調、石積町やシンプルなものまで、豊富にあり、本物のような風合いを持つものもあるので、多くの建築に好まれて使われています。

また、最近はさらに品質の向上が見られ、メンテナンスを施さなければならないようになるまでの期間が延びていたり、中にはジョイント部分にコーキング材を施す必要のないものまでが開発されているので、ますます市場を席巻する可能性のある手法といえるでしょう。