ホーム > 外壁の劣化度をチェックしていますか?

外壁の劣化度をチェックしていますか?

住宅の外壁部分は太陽の紫外線や熱などにより、劣化が生じやすい部分でもあります。外壁の劣化をそのままにしておくと、ひび割れている所から雨水が建物内部に入り込んでしまい、雨漏りの原因となる場合や建物に利用している木材の腐食、金属のサビ付きなどの原因に繋がります。


最近の住宅の外壁に利用されている建材の一つにサイディングパネルがあります。

サイディングパネルは、大きなパネルを数枚つなぎ合わせて外壁を作り上げるための建材で、外壁材をつなぎ合わせているシーリングが切れていないかどうかを確認することが大切です。


また、外壁の劣化を見極める方法としてチョーキング現象が挙げられます。チョーキング現象とは外壁に触れると白い粉が手についてしまう現象のことで、これが起きていないかで外壁の劣化を判断します。白い粉と言うのは外壁の塗料に含まれている樹脂成分が表面に現れているものであり、外壁の劣化を意味しています。


更に、外壁の内部に水が溜まって塗装が膨れてしまっていないかと言ったことを確認する事も大切であり、外壁を見るだけで劣化がどの程度進んでいるのかを把握することが可能です。