ホーム > 外壁塗装、塗り替えのタイミングとは

外壁塗装、塗り替えのタイミングとは

外壁は家の一番外側にあり、家全体を守るという重要な役割を持っています。
また、外壁によって家の見栄えが決まってしまいますが、紫外線や大気中の汚染物質が付着しやすい状況にあるので、定期的にメンテナンスを行うことが必要です。


一般的に外壁塗装をする周期としては10年というのが基準とされるのですが、塗料によっては10年よりも耐久性が短い場合もあれば、長い場合もあります。
ただ塗料が持つ耐久性に頼るのではなく、変色、ひび割れがひどかったり、チョーキング現象が起き始めていたら、早めに対処すべきです。

 

放置しておくと、どんどん劣化が進んでしまい、かえって工事費用が高額になる可能性もあるので、自分で外壁の状態をチェックすることが大事です。

 

傷みや劣化を見つけたときは、早めに対処することにより修理費用も安くなり、大がかりな補修が必要なくなります。
劣化を放置しておくことで、外壁だけでなく家の建築資材までいたんでしまうことがあります。
そうなると外壁塗装だけでなく、家の内部からも修理を行わなければならないので、塗り替えの目安を参考にしつつ、外壁の状態を見て判断します。