ホーム > 外壁塗料の特徴とは〜光触媒〜

外壁塗料の特徴とは〜光触媒〜

外壁塗装をする場合には、数ある塗料の中から一種類だけ選ぶことになります。
どの塗料がいいかわからなければ外壁塗装業者に選んでもらうといいでしょう。
できるだけ耐用年数が長い塗料を選びたければ光触媒塗料をおすすめします。
光触媒塗料は、耐用年数が20年という長さです。
一般的に使用されるシリコン系塗料は耐用年数が13年になりますが、それよりも7年も耐用年数が長くなります。

光触媒塗料の特徴は、汚れがつきにくいことです。
表面はコーティングがしてあり、汚れがついても水膜を作り汚れが浮くようになっています。
そのため、浮いた汚れは再び雨が降ることで雨と一緒に流れていきますので、長期的に外観が守れることになります。

光触媒塗料の費用は、一般的なシリコン塗料の費用と比較しても高いのが特徴です。
それだけ耐用年数に違いがある訳ですから、塗料の費用に違いがあっても当然です。
光触媒塗料は1平方メートルあたり4500円程度かかります。
これに対してシリコン系塗料は1平方メートルあたり3000円程度の費用がかかります。

耐用年数以外にも光触媒塗料は多くのメリットがあるので検討してみてはいかがでしょうか。