ホーム > 塗料で健康被害は起きるの?

塗料で健康被害は起きるの?

塗装作業を行っているときに塗料のニオイが気になったことはありませんか?

あれだけのニオイを発していると、健康に被害が及ばないか不安になることもあるでしょう。

今回は、塗料と健康について紹介していきます。

 

外壁塗装に使われる塗料は大きく2つに分けることができます。

水溶性の塗料と溶剤系の塗料です。ニオイがキツイと感じる塗料は、溶剤系の塗料を使っている場合が多いです。

 

溶剤系の塗料は、壁に塗布する前に薄めます。その時に、シンナーをはじめとする有機溶剤が使われています。

そのため、溶剤系の塗料を使用する際にニオイが強くなる、といった事態が起こっています。

 

有機溶剤は、よく知られているように、体内に吸収することによって健康に被害を及ぼす危険性があります。

現に、塗料を専門的に扱う専門業では、厚生労働省によって特殊健康診断や作業環境測定、蒸気の発散源対策などの措置を義務付けられているものもあります。

 

ただ、大人が少量を吸引してすぐに健康に被害が及ぶということは考えられにくいです。

しかし、ニオイに敏感な人や子供、赤ちゃんなどは、気分が悪くなるといったことはあります。

 

健康被害に不安があるのでしたら、水溶性の塗料を使う、一時的に住居を移すなどといったことを考えてみてください。