ホーム > 塗膜防水加工って?

塗膜防水加工って?

皆さんは、外壁に防水工事を施すことを考えたことはありませんか?

今回は、防水工事の中でも塗膜防水工法を紹介していきます。

 

まず、塗膜防水加工とはどういった工法なのでしょうか。

この工法は、ウレタンやアクリル、ポリエステルを主原料とした液体を何度も塗り重ねる防水工事のことです。

ガラス繊維などを挿入して強度を高めたり、シートを下地に貼り付けてから防水材を重ね塗りして絶縁機能を持たせたりなど、メーカーや業者によって工法は異なってきます。

また、密着性が高く、割れづらいので改修も状態が良ければ塗り直しをするだけで済む場合もあります。

 

また、塗膜防水工法は液体を利用するため、凹凸のある部分にも適用できることも有利な点です。ポリマーセメント系の塗料を使用すると、ひび割れに対する追従性が高く接着性に優れた塗膜を作ることもできます。

外見的にも、つなぎ目のないシームレスな仕上がりになるので、美しく仕上がりになるでしょう。

 

外壁の防水加工を施すことは、外壁自体の耐久性を上げるだけでなく、家自体も長持ちさせる効果も期待できます。ぜひ一度、外壁の防水工事を検討してみてください。