ホーム > 吹き付け工法とは

吹き付け工法とは

前回は、手塗りのローラー工法について紹介しました。

今回は、吹き付け工法について紹介したいと思います。

 

機械による吹き付け工法とは、どのようなものなのでしょうか。

これは、スプレーで霧状にした塗料を外壁に直接吹き付ける工法です。

主に乾燥時間が短い塗料を使われます。

 

では、この吹き付け工法を行うメリットとは何なのでしょうか。

まずは、スプレーで吹き付けるため、作業時間が短くて済むということです。

また、一度に広範囲の塗装を行うことが出来るのも魅力の一つでしょう。

 

一方、この工法を行うことのメリットとは何なのでしょうか。

一つ目は、スプレーを行うためにムラが出来やすいということです。そのため、足場を解体する前と後の両方で外壁のチェックを行い、ムラがあれば業者に指摘しましょう。

二つ目は、塗料が飛散しやすくなることです。塗料が飛び散りやすくなるために、養生を念入りに行う必要性があるのと、費用が嵩む傾向にあります。

 

しかし、最近のスプレー機械は騒音も低く、低飛散なものが登場しているのでスプレー工法を実施する際には、一度聞いてみましょう。

 

手塗りのローラー工法とスプレーによる吹き付け工法、両方ともに特徴があり、向いている塗料にも違いがあります。

外壁塗装を依頼する際には、塗料の種類と工法について相談してみてはいかがでしょうか。