ホーム > 光触媒塗料とは

光触媒塗料とは

皆さんは、光触媒塗料という言葉を聞いたことはありませんか?

光触媒塗料は、次世代塗料として注目される外壁塗料です。
では、この光触媒塗料とはどのようなものなのでしょうか。


この光触媒塗料の仕組みは、太陽の光で汚れを分解し・浮かせ、雨水で汚れを洗い流すことです。そのため、この塗料は自浄作用があり、また空気を洗浄する効果もあるために環境問題にも貢献できると考えられています。

光触媒塗料は、耐用年数を20年としています。

しかし、実際に施工してから20年経ってその耐久性が保証されているわけではありません。しかし、汚れにくいということは事実で、施行者からの評判も高いです。

 

ただし、いくら耐久性に優れている光触媒塗料だからといって、下地の割れや下塗り塗料の剥がれが起きた場合には、当然一番外側の塗料にも影響してしまいます。

そのため、光触媒塗料を使用する際には、下地の状態を確認して必要があれば補強しておくと良いでしょう。

 

次世代の塗料として注目されている光触媒塗料です。環境面、耐久性、汚れにくさに優れている塗料を使用してみたくはありませんか?もし使ってみたいのであれば、一度業者に取り扱いの確認をしてみてください。