ホーム > 外壁塗装で保険は適用されるの?

外壁塗装で保険は適用されるの?

外壁塗装のみの工事だけでも、決して安いものではありません。

その時に、保険が下りるのであれば、ぜひ使いたいとは思いませんか?

今回は、外壁塗装と保険について紹介します。

 

恐らく、住宅を購入、建てるときに火災保険に加入していると思います。

火災保険は住宅火災保険と住宅総合保険に分けられます。

 

住宅火災保険は、火災・落雷・破裂・爆発・風災などの自然災害により家に破損が生じたときに利用することができます。

その一方、住宅総合保険は、住宅火災保険の補償に加えて水害・水ぬれ・暴行・盗難・持ち出し家財の盗難に至るまで補償されます。

 

外壁の劣化や、屋根材の劣化、傷などに至るまで破損が認められれば補償を受け取ることができます。

しかし、保険が下りること知らずに工事を行って補償を受けられなかったり、補償を受けられると思って工事を検討していたが、認められずに保険が下りなかった、という場合も多くあります。

 

外壁の劣化が目立つようになって外壁塗装を検討しているのでれば、一度加入している火災保険の確認と、保険が下りるかの確認をしてみましょう。

補償を受け取れるはずなのに、その事実を知らずにいるのはもったいないと思いませんか?