ホーム > 外壁塗装と天候

外壁塗装と天候

外壁塗装は、屋外で行う作業です。そのため、工事の予定日に雨が降りそうな予報だと、工事に支障が出るか不安に思う人も多いことでしょう。

今回は、外壁塗装の工事と天気の関係について紹介していきます。


外壁の塗装自体は、晴れている日に行われます。

なぜなら、雨が降っている中で作業すると、塗料の乾燥時間に影響したり、雨の模様が付いてしまう危険性があるからです。

では、雨が降ってしまえば外壁塗装の工事はなくなってしまうのでしょうか。

 

結論を述べると、雨が降ると全ての工事が出来なくなるわけではありません。

雨天の場合には、足場を組む、養生を施すなどといった外壁塗装を行う上で欠かせない作業を行います。

また、外壁の洗浄を始めとする、外壁塗装の下準備を施します。

 

外壁塗装は、塗料を重ね塗りします。

そのため、湿度が高い、気温が低すぎるとなると塗料が乾くまでの時間に差が生じてしまいます。外壁塗装を行う業者は、雨の予報が出ている時や、雨が降った直後には塗装を行わない場合もあります。

 

雨が降りやすい梅雨時期に外壁塗装を依頼するのであれば、工期の延長の可能性や、その際の料金に変動があるかを確認しておくと安心できるでしょう。