ホーム > 外壁塗装と耐震

外壁塗装と耐震

地震大国と呼ばれている日本で、家の耐震制度は気になるところです。

ところで、皆さんは外壁の耐震は施していますか?

地震や大型トラックが通った時に、家が揺れる。そういったことが繰り返されると、知らず知らずのうちに外壁にダメージが蓄積されてしまいます。

 

では、外壁を地震に強くするためにできることは何なのでしょうか。

それは、外壁塗装を行うことです。

一見、外壁塗装をすると外観のみがキレイになるだけで耐震に効果がないと思われています。しかし、実際は外観を美しく保つだけではありません。

 

外壁塗装の手順を見てみましょう。

外壁塗装を行う際、まずは外壁の洗浄を行います。その後、下地を塗り、塗装を行っていきます。その時に使用する塗料の種類によって、地震に耐性を付ける効果が期待されます。

外壁の耐震性を上げるためには、外壁自体の強化と外壁の軽量化を行うことによって効果が出ます。

 

また、外壁素材で注目されているのは、窯業系サイディングです。

これは、モルタル材よりも軽量で、阪神淡路大震災の時にもほとんど被害が出なかったとされています。

 

外壁材の工夫や塗装を行うだけで、耐震性も期待することができます。

この機会に外壁塗装をしてみてはいかがでしょうか。