ホーム > 外壁メンテナンスのポイント

外壁メンテナンスのポイント

皆さん、家を購入してから外壁の塗装のメンテナンスをしたことはありますか?

外壁の塗装は常日頃紫外線や風雨にさらされているために、劣化が進みやすくなっている箇所でもあります。

今回は、外壁のメンテナンスのポイントを紹介していきます。

 

まずは、壁にひびが入っていないか確認しましょう。

外壁がコンクリート材でできている場合は、クラックと呼ばれるひび割れが起きやすくなってしまっています。

このひび割れから雨水が侵入し、内部構造の劣化をもたらす原因にもなりかねないので、早めに対処しましょう。

 

次に、壁を手で触ってみてください。

白っぽい粉が手に付いていませんか?もし、粉が付いているようでしたら、チョーキングと呼ばれる現象が起きている証拠です。

チョーキングは、外壁の劣化が始まった証拠でもあります。

この機会に塗装を検討してみてください。

 

最後に、外壁のサイディング材が浮いてきてはいませんか?

サイディング材が浮いてきたまま放置しておくと、サイディング材が割れる原因にもなります。

目で見て浮いてきてると実感できるのであれば、変えることを検討しておきましょう。

 

外壁の劣化が進んでいくと、家の構造自体に支障をきたすことも大いに考えられます。

ぜひ一度、外壁の様子を確認しておきましょう。