ホーム > 水性塗料と油性塗料の違いとは?

水性塗料と油性塗料の違いとは?


外壁塗装に使用する塗料は、アクリル塗料やシリコン塗料など、素材によって異なる種類が複数ありますが、それらはそれぞれ水性塗料と油性塗料があります。

水性塗料と油性塗料には違いがあり、水性塗料は臭いがほとんどないという特徴があります。

一方の油性塗料は臭いがきついという特徴があり、鼻を刺激するようなツンとした独特の臭いがあります。

水性塗料の主成分は水であるのに対し、油性塗料の主成分はシンナーのような有機溶剤だからです。

臭いに敏感な人は、油性塗料を使って塗装をしてもらうときは、換気に気を付けてもらう必要があります。

また、水性塗料は値段は安いが、耐候性が低いです。

一方で油性塗料は水性塗料よりも費用が高くなるものの、耐久性はかなり高いという魅力があります。

水性塗料は油性塗料と比べて摩耗しやすいですが、油性塗料は雨水などにも強く、外壁との塗料密着度が高いので、高い耐久性を持つという特徴があります。

水性塗料は取り扱いがしやすく環境への負担も少ないですが、油性塗料は保管に気を付けなければならないという違いもあります。