ホーム > 遮熱塗料の効果とは?

遮熱塗料の効果とは?


皆さんは遮熱塗料の効果をご存知でしょうか?

遮熱塗料は太陽の光を反射させて蓄熱を抑える働きをします。

そのため、日差しの厳しい夏場でも、遮熱効果があり、エアコンの設定温度を低くする必要がなくなるため、夏は光熱費が浮きます。

日中は在宅していない場合でも、昼間に遮熱をしておくと、室内の空気の上昇を抑えることになるため、夜間の快適に過ごすことができます。


一戸建て住宅は10年の一度のペースで外壁塗装の塗りお直しを行う必要があり、放置しておけばひび割れなどを起こしてしまい雨漏りの原因となってしまいます。

外壁の修復をこうした遮熱塗料を用いることで、月々のランニングコストを浮かすことができるのは大きな節約となるため非常におすすめです。

特に遮熱性の高い塗料は、防音性能も高いものもおおく快適な生活がおくれることが期待できます。

外壁塗料の塗り直しは足場を組むため、高額な費用が必要となりますが、毎月の光熱費の節約になることや、屋根の修繕も合わせて行うことで大きく出費を押さることができるといえます。