ホーム > 雨漏りのサインとは?

雨漏りのサインとは?


雨漏りが起きる時には、サインがあるのをご存知でしょうか?

余程のことが無い限り、漫画のようにいきなり天井からポタポタと水が滴り落ちてくるなどということはありえません。

必ず、前兆、予兆というか、サインがあります。

それを見逃さないように気をつけていれば、早い段階で対処することができ、結果的に費用も安く、また時間的にも短くて済みます。

まさか今どき雨漏りなんて、と思わずに、次のようなサインを頭にいれておきましょう。

一つは、室内の壁紙に染みがあることです。

天井、あるいは天井近くの壁紙に染みが生じている場合、降った雨が染みこんでいる可能性があります。

長雨のとき、あるいは雨が降った後に起こった場合は特に可能性が高いです。

次は室内にカビがあることです。

もちろん、別にカビは雨漏りではなくても、湿気が多ければ生えやすいことは間違いありません。

しかし普通は、カビが生えやすい場所というのはだいたい決まっています。

外気と接していて水滴の生じやすい窓の下枠が、代表例です。

こういう場所ではなくて、天井、天井と壁の合わせ目などにカビが生じるのは雨漏りのサインの一つです。

さらには、外壁材塗料が膨れているのもサインになります。