ホーム > 瑕疵(かし)保険ってご存知でしょうか?

瑕疵(かし)保険ってご存知でしょうか?


住宅にかけられる保険は様々ですが、その中でおすすめの保険は瑕疵保険です。

一定期間の内に瑕疵が見つかった場合に、補修費用の一部を支払うという保険です。

瑕疵保険が適用になるのは主に防水関係と構造部材に関してですが、長期間の外壁やフローリングの劣化に関しても対応できるケースがあります。

また、不意な事故や不注意にも保険が適応されるケースもございます。
瑕疵保険にはいくつかの種類があり、新築はもちろんのこと、リフォーム、大規模修繕、中古物件を対象にした保険も用意されています。

瑕疵保険の法的な根拠は「住宅瑕疵担保履行法」
です。
新築の場合、10年の間に瑕疵と見られる欠陥が生じた場合に、販売業者や建築業者に保証を義務付けるものです。

瑕疵保険の良い点の一つに、保険法人による現場の検査がなされる事があります。

建築基準法による完了検査等と違い、瑕疵保険の現場検査は、将来欠陥が発生しそうな部分を集中的に検査します。

保険法人は住宅に関する苦情や欠陥に関する膨大なデータを持ち、それにより検査か所を絞り込み、念入りな検査を行います。

瑕疵保険に入ることは、将来発生が予想される住宅の欠陥を防ぐことにもなります。