ホーム > シーリング劣化が危険な理由

シーリング劣化が危険な理由


住まいを長く愛着を持って暮らせるようにするためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

住まいのメンテナンスとしてイメージされるのが外壁塗装や、屋根の葺き替えなど大掛かりなものという方は多いのです。

しかし、それ以外にも定期的にチェックしたいメンテナンスがあります。

それがシーリングです。

シーリングとは、壁4やサッシなどの隙間を埋めている防水材のことです。

このシーリングは雨水などの侵入を防ぐ役割がございますので劣化していくとひび割れたり、剥がれたりして、本来の防水の働きをしなくなってしまうことがあります。

窓際などは特に一年中紫外線があたり、害に晒されている環境ですので、シーリングの劣化も早まってしまうことがあります。

ですが、よく使用されているシーリングの耐用年数は約10年と言われています。

この周期は外壁塗装とほぼ同じなので、外壁塗装の際に一緒に改修しましょう。

そうすることでシーリングの持つ防水機能を高く維持することができ、快適な住まいを長持ちさせることができるのです。

メンテナンスをこまめにするほど、住まいの寿命は長くなります。