ホーム > 防水工事を行っておくメリットとは

防水工事を行っておくメリットとは


外壁塗装を行う場合には、様々な工事が必要になるものです。

一般的には外壁の補修、塗装の下塗り、中塗り、上塗りといったそれぞれの工程をしっかりと行うことが非常に大切であり、どの工程を省いただけでも耐久性は劇的に低下してしまうものです。

その中でも見落としやすいのが、シーリング改修です。

外壁塗装において、シーリング改修は必須項目です。

シーリング改修を行わないと防水性が保てずに、塗装を行っても雨水などが侵入する危険が高くなり建物を腐食してしまいます。

結果、建物の寿命を縮めてしまうことになります。

シーリング改修をしっかりと行っておかないと、塗装する時は大丈夫でも、数年後シーリングのためだけに足場を組むのは大変もったいないことです。

塗装工事を行う際には見積もりの際はしっかり項目を見ましょう。

特に見積書に防水工事にあたるシーリングがあるかどうか、確かめましょう。

塗装工事は完了してしまうとなかなかその項目をチェックするのは難しく、業者を信用するしかなくなってしまうものです。


特に価格競争の激しい現代では、悪質な業者の中には項目を減らして見た目の金額を安く見せることもあるので注意が必要です。